お金の本当の話

お金なんて人生を便利にするだけの、ただの道具

この世の中…お金って…生きていく上で必要ですよね。

私もお金のために働いてましたし、「もっと金があれば」なんて考えた事もあります。

ですが投資家になってお金についての勉強をすると、少しだけ印象が変わりました。

あぁ、お金なんて、人生をちょっと便利にするだけの、ただの道具だな

って、気付いたのです。

お金は物々交換を便利にするための道具にすぎない

最初に「そもそもお金って何だろう?」って事を考えてみます。

私の考えでは、お金は『物々交換をちょっと便利する道具』でしかないとの結論になりました。

たとえば、肉が食べたい!と思ったとします。
しかし自分で肉の生産をしていないとなれば、誰かに分けてもらうしかありません。

もし金が存在しないと、物々交換となるわけです。

そこで私は野菜なら持っている。

だから、

肉と、野菜を交換しましょう!

となる訳です。

そして肉に釣り合うだけの量の野菜を渡さなければいけません。

しかし肉って高価値ですからね。めちゃくちゃ大量の野菜になります。

しかし野菜をもらった側だって、食べられる量には限度があるでしょう。

野菜ばかり大量にあっても、食べきれない…

結果として、残りの野菜は腐らせてしまいます。

もったいないですよね…
このように物々交換ってのは、とても効率が悪いんです。

そこでお金が登場するのです!

先ほどの例だと、肉を分けてもらう時に、野菜の代わりにお金を渡します。

するとお金をもらった人は、そのお金で野菜と交換してもいいですし、米やフルーツとの交換でも問題ありません。
必要なものを必要なだけ手に入れられるのです。

肉を売った側からすれば、腐らせる量の野菜をもらうより、お金をもらって野菜に米・フルーツももらった方が得です。

取引の間にお金を仲介させることで、ムダなく物々交換ができるのです。

つまりお金ってのものは、物々交換を効率化する道具でしかありません。

これが私の「お金」に対する考え方です。

お金があるから幸せになれる訳ではない

さて、何でこんな話をしたかと言えば、これを伝えたかったからです。

物々交換を便利にする道具でしかない「お金」に、特別な価値なんてありません

「お金が多いから偉い」とか、「高収入だから人間として上だ」なんて言う人がいますが、そんな勘違いな話はありません。

お金という道具を多く持っている。ただ、それだけの事です。

お金があるからって幸せにはなれませんし、人生が充実する訳でもありません。

私自身も昔よりは、お金が増えました。
じゃあ幸福度が上がったかと言えば…むしろ下がりました(笑)

離婚して家族がいなくなりましたからね!

あ、誤解しないで欲しいのですが、私はお金を稼ぐことが悪いこととは思いません。

むしろ良い事だとすら思っています。

ただ「お金=幸せ」にはならない、そう考えているだけです。

お金は人生を少し便利にしてくれる、ただの道具だと思います。

皆さんも、金儲けはしても、お金に振り回される人生にならないようお気をつけください。

お金儲けってなんだろうって事も考えてみました。下にリンクを貼っておきます。

お金を稼ぐってことは、誰かの役に立つことをして、その対価をもらう行動だと思っています。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-お金の本当の話