お金の本当の話 株日記

収入源を増やすのは、仕事があって、余力のあるうちの方がいい

私が投資や株を始めたころは、まだ正社員でした。

そのため比較的、安定収入だったと思います。

ですが、それでも別の収入減を求めたのは、業界の将来性や、会社で出世することに未来を感じなかったからです。

あくまで感覚的で、漠然とした不安だったんですけどね。

ちなみにですが、私が社員として過去に働いていた業界は今、希望退職ラッシュになっています。

お荷物社員だった私は、あのまま残っていたら厳しい状況になっていたでしょう。

こんな事を書くと先を読んで準備をしたように思われるかもしれませんが、決してそんな事はないんです。

むしろ私のいた業界がこんなに早く縮小傾向になるとは考えていませんでした。
正直なところ、ビックリしています。

私が副収入を求めたのは、なんとなくの不安感に突き動かされただけです。

ただ今となっては、投資や株をスタートするのには最高のタイミングだったなと思います。

当たり前ですが、新しい事をすれば失敗はつき物です。
私自身も初期の頃は、株で何度も失敗をしました。

それでも問題がなかったのは、社員としての給料収入があったからです。
とりあえず明日の生活の心配はありませんでした。
もちろん、ギリギリ生活ができる程度の収入でしたけどね。

だから株で失敗を繰り返しても、投資を続けられた訳です。
もし株での利益を生活に回さなければいけない状況だったなら、軌道に乗るまえに力尽きていたでしょう。

これらの経験から分かったのは、別の収入源の準備を開始するのは仕事があって、生活が出来ているうちにスタートした方がいいって事です。

給料収入がなくなってから始めても、成功するのはとても困難でしょう。

でも私もそうですが、人間って余力のある時は守りに入ってしまい、新しい事にチャレンジするのが難しいんですよね。

しかし、

安定した給料がある内に、別の収入源の準備をしてたから助かった

少なくとも私自身がそうであった事は、お伝えしておきます。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-お金の本当の話, 株日記