投資家の魅力

投資家はローンすら味方にできる

私自身はローンというと、あまりいい印象がありませんでした。

そのため以前は現金主義を通していたのです。
ところが投資家になってみると、「あれ?ローンを組んだ方が得なんじゃね?」って気付きました。

ローンを組むと支払いが増えるのが一般的ですが、投資家にとっては支払いが逆に減ります。

不思議ですよね?

その理由について書いてみました。

投資家ならローンは味方である

さて、ではこれから具体例をあげて、普通の人と投資家がローンを組んだ時の違いについての話をしていきたいと思います。

例えば「300万円の車」をフルローンで購入したとしましょう。
金利は「3%」とします。

すると年間の金利支払いは、300万の3%なので9万円です。
(厳密に言うと月々の支払額により残債が減るので金利額が変わりますが、分かりやすくするために細かい計算は省きました。)

現金一括で車を購入した時より、年間9万円も損する訳ですね。

だからローンを組むより現金での支払いにした方が得をします。
まあローンというのは、こういった物なので仕方がありません…

ところが投資家がローンを組むと

では投資家がローンを組むと、どうなるのでしょうか?

先ほどと同じ条件とします。300万円のフルローンで金利3%です。
支払金利は同じなので、年間9万円をローン会社に持っていかれます。

ところがですよ!

投資家はお金を働かせて稼ぐことができるんです。
私のケースですと、年間10〜15%の投資利回りを目標としています。

そこでローンを組むことで浮いた300万円を投資に回して、15%の収益を獲得したとしましょう
すると、年間45万円の利益です。

年間の収支をみると、投資収益45万円からローン金利の9万円を引いた、36万円分がプラスとなります。

つまり現金一括払いよりも、ローンを組んだ方が得なんです!
もちろん元本がなければダメですけどね。

普通の人の現金一括払いではローン金利の9万円がなくなるだけなのに対して、投資家がローンを組むと年間36万円も支払いが減るのです。

まとめるとこんな感じです。

ココがポイント

フルローン(年間9万円のマイナス)
  ∧
現金一括払い(プラマイ0)
  ∧
投資家がローンを組む(年間36万円のプラス)

投資家になってお金を働かせることが出来るようになれば、ローンすら味方にできます。

投資家になると世の中の仕組みが、そして世界が変わります。

もちろん今みたいな低金利ならって条件つきですけどね。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-投資家の魅力