株日記

投資や株はちょっと適当なくらいで丁度いい

私は自分以外の、株をやってる人のブログなどを見るのが大好きです。

勉強にもなりますし、純粋に楽しいんですよ。
そして感じるのが、投資や株に対する向き合い方って、人によってけっこう違うんだなーってことです。

たとえば毎日のように勉強をしたり、銘柄分析をしている人もいてスゴいなーと思ったりします。

というのも、なんというか私の場合は、毎日のように株のことを考えたりはしていません。
かなりゆる〜くやっています。

でも、これには理由もあるんです!

株の事をやると、買いたくなってしまう

私は日常では株や投資から離れるようにしています。

というのも、株のことをやると何か、ついつい株を買いたくなっちゃうからです。

たとえば企業分析をしたり、銘柄探しをして、いい会社を見つけたとするじゃないですか。

そうしたら、その株を買いたくなりませんか?

自分の場合は買いたくなっちゃうんです。
その結果として割安になるまえに株を購入してしまい、後でガッカリします。

だがら普段はあんまり、株のことはやらないようにしているんです。

日常から準備をしていて、いざ暴落がきたら行動を開始できれば最高なんでしょう。
でも自分にはムリみたいです…
おそらくは、そこまで待ちきれません。

そこで私の場合は、暴落がきてから銘柄の調査をはじめます。
○○ショックのような本格的な暴落ならば、二段階目や三段回目の下落がありますから、ちょっと遅めにスタートして丁度いいくらいです。

まあ結果的に買い時を逃してしまうこともありますけどね。
しかし、すぐに上昇してしまうような相場は、真の買場ではない可能性が高いので次を待ちます。

慌てなくても株を続けていれば、嫌でも暴落シーズンはやってきますから。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-株日記