購入する株の見つけ方

個人投資家が経営者を評価するのは難しい。ではどうすればいいのか。

株式投資のために企業分析の勉強をしようと考える人は、多いのではないでしょうか。

すると多くの書物で経営者の質が重要と書かれています。

それはまず間違いなく事実でしょう。
経営者の良し悪しは、会社の将来に大きな影響を及ぼすと考えるのが自然だと思います。

まあ、そりゃそうですよね。

ただ現実問題として、自分も含む個人投資家が経営者と面会して話をするなんて無理です。

また社長によってはメディアが好きで顔を出す人もいますが、ほとんどの経営者は表に出てきません。

そのため経営者の情報って、ほとんど入ってこないんです

経営者の質の評価は企業分析には大切。
しかし現実問題として、それが出来ない。

では、どうするか…

私自身もこの事実に大きく悩みました。
そして一つの結論に到達したのです。

まず第一に、経営者を直接評価するのは諦めました。

その代わりに会社そのものを見るのです。
経営者自身が発信をしていなくても、上場している企業ならば決算発表やら株主通信やらが必ずあります。

そういった会社が発表した内容を評価するのです。

たとえば、

[売上増]で[利益減]の決算の時に、株主通信では売上増の自慢ばかりが書いてあります。そして利益減についてはまったく言及されていません。そんな企業があったとします。

上のような会社って誠実だと思いますか?

きちんと利益減の理由を説明して、どう改善していくかを示してほしいですよね。
実際にこういった会社は多くあります。

会社が発信した内容から、企業の誠実さなどは評価が可能なんです。

そして会社というのは経営者の意向が色濃く反映するものです。
つまり会社の質をみることは、イコールではありませんが、経営者の誠実さや人柄・合理性などを評価するのに近くなると考えられます。

だから経営者の人柄などは会社発表の中身を見ることで、ある程度の想像が可能です。

もちろん直接に経営者の質を判断できればベストですけどね

業績や数字も重要ですが、誠実さなどの中の人も重要な評価項目だと思っています。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-購入する株の見つけ方