投資商品や株を買う前に、ちょっと見てね

株で成功するなら、人と同じことをしてはダメ!

突然ですが、私、天邪鬼なんです。

なんて言われても訳がわからないですよね。
「天邪鬼な性格」というのは、人と同じことをするのが嫌いで、人に言われたことと反対の事をするタイプを言います。

ぶっちゃけ、ひねくれ者なんです。
はい、そして私が、そうなんです。

そのせいか学生時代には、クラスで浮いていた時期もありました。

でも、この「天邪鬼な性格」のおかげで、株の世界で生き残って来れたと思うんです。

そう考えている理由について書いていきます。

 

株で利益を上げるなら、少数派になった方がいい

参考

人の行く裏に道あり花の山

上に書いたのは投資の格言と言われるものです。

その意味は、「他人と逆の行動をとると利益になる」ってな内容です。

私の経験から言えば、株の世界は本当に、この格言の通りだと思います。
株の世界で利益を上げるならば、多数派になってはダメなんです。

例えばリーマンショックの時などは、多くの人が株から手を引くべきと考えていました。
ところが私は、株を買いまくっていたのです。

当時は周囲の人から、「狂っている」なんて言われていましたね。
また、リーマンショックが起きた後の日経平均は、7000円台とかでした。

さて、今の日経平均はいくらですか?

リーマンショックの当時に株を買っていた私は、利益をあげたと思いますか?

収益についてはご想像にお任せしますが、みんなが株を売るべきと考えていた時に株を買ったからこそ、今の私があるのは間違いありません。

どうして株の世界がこうなっているのかといえば、株が「安く買って、高く売るゲーム」だからです。

つまり株で利益を得るためには、安く買う必要があるってことです。

そして、株価が安い時 = みんなが株を売っている時

また株で利益を上げるためには、高く売る必要もあります。

そして、株価が高い時 = みんなが株を買っている時

ということは、みんなが株を売っている時に買い、みんなが株を買っている時に売らないといけません。

そして冒頭に戻るわけですね。
私が人と違うことをしたがる性格であったからこそ、株で利益をあげられたとなるのです。

みんなと同じことをするのは安心感があります。
ですが株の世界で多数派になるのは、もっとも損をする行動なのです。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-投資商品や株を買う前に、ちょっと見てね