購入する株の見つけ方

株の世界では素人だからこその強みがあり、プロに勝つことも出来る

「素人が株で利益を上げるのはムリ」

「プロじゃなきゃ勝てない」

こういった話を、たまーに聞きます。
まあ実際に株や投資の世界では、プロと呼ばれる人たちがワンサカいるのも事実です。

そして私自身がお世話になっている株式市場は、「素人もプロ」も「年齢も性別も関係なく」、全員が同じ土俵で勝負をする場所です。

スポーツの世界で素人にプロも混ざって、さらに性別も関係なく、真っ向勝負をする競技があるでしょうか。

個人的にはこの全員が同じ土俵で、そして自分の実力だけで勝負をするって事に大きな魅力を感じています。
投資や株の世界では「生まれ」も「職業」も「学歴」も関係なく、誰にでも成功する道が開かれているのです。

さて、話が逸れてしまったので本題に戻します。
みなさん「プロじゃなきゃ株なんてムリ!」と思っていませんか?

結論から言えば、株は素人でも勝てますし、利益をあげられます。
というかそもそも、私自身が普通の、いや、どちらかと言えばダメ…リーマンな私でもやれているんですから、みなさんも株で収益を出すことはできます。

これから書いていきますが、株の世界では「素人だからこその強み」があるのです。
それら素人の強みを活用することでプロと同じ、個人的にはそれ以上の成果を出せると考えています。

素人の強みは時間リスクを取れること

素人の強みの一つ目は、

時間リスクを取れること

この時間リスクというのは、株価がいつ上がるのかは分からない。
言い方を変えれば、いつ収益になるのか分からないリスクって事です。

みなさんもノルマのある仕事をしているかもしれませんが、投資や株の世界でもプロと呼ばれる人たちにはノルマがあります。

むしろ争いの厳しい世界なので、一般的な仕事よりもシビアかもしれません。

つまりプロと呼ばれる人たちは、半年でいくらとか、年間での利益や成果のノルマを抱えており結果を評価されています。

そのためプロは短期間に成果や結果を出さなければ、先程も話しましたが競争の激しい世界なので、すぐにクビになったり減給されます。

だから、「いつ株価が上がるかわからない」、「いつ収益になるかわからない」という時間リスクを取ることがプロにはできません。
待っている間にクビになっちゃいますから。

ところが、われわれ素人にはノルマなんてありませんし、競争もありません。
他の投資家に負けたからって、クビになったりはしないですから。

つまり素人投資家は時間リスクを取ることが可能なのです。

たとえばですが、「不人気のため割安で放置されている株」というのは探せばそれなりに見つかります。

これらの株は人気がないから割安なのですが、ある時に突然、見直されて人気株になる事があります。
しかし、いつ人気になるのか、いつ株価が割安から適正になるのかを予測することは不可能です。

だから短期間で成果を上げる必要のあるプロは、こういった時間リスクのある不人気株を投資対象にできません。

しかし、時間リスクを取れる私のような素人投資家は、のんびりと気長に待つことが可能です。
つまり不人気株に積極的な投資ができるのです。

このように素人だからこその強みを活用することで、株で利益を出せます。

ちなみに私自身の経験から言えば、不人気株が見直されるのに必要な期間は平均2〜3年って印象です。

個人投資家は上司や顧客に説明しなくてよいのが強み

さて素人投資家の強みの2点目は、

誰かを説得したり、説明する事が不必要

ようは「上司や会社の決裁をもらったり、顧客に報告して納得をしてもらう必要がない」ってのが素人投資家の強みです。

プロと呼ばれる人たちは組織に所属して、他人のお金を運用していますので、会社や出資者に納得をしてもらう必要があります。
言い方を変えれば、会社や出資者に理解してもらえる内容の投資しか出来ないってことです。

とくにプロに資産運用を委託している人、ようは出資者は、自分たちでは資産運用ができないからこそプロにお願いをしている訳です。
だから出資者の大半は、投資に関しての知識も経験もありません。

そんな出資者に納得をしてもらえる運用をするって事が、いかに大きな縛りとなるのかは想像すれば理解いただけるのではないでしょうか。

たとえばパソコンなんて普段はほとんど使わない人たちに、新システムの使い方と導入の理由を説明し、納得してもらい、承認を得なくてはいけない。
こんな状況が、以前に私が勤務していた会社でありました。

正直、途方もくれない状態で、とてつもなく大変だった記憶があります。

そして投資のプロたちも、これと似たような状況です。
そんな難しいプロセスと、大きな制限の中でプロと呼ばれる人は戦っています。

たとえば誰もが知っているような有名企業の株を買ったならば出資者にも理解してもらえるでしょう。
ところが見たことも聞いた事もないような、マイナー企業の株を買ったらどうなると思いますか?

こんな訳の分からない危ない運用をするようなプロには任せられないと、出資者にお金を引き上げられてしまう可能性もあります。

さらに投資には失敗も付き物なのですが、有名企業への投資で失敗しても許されるかもしれませんが、超マイナーな会社への投資で失敗したら運用者は袋だたきに合う事でしょう。

つまりプロは、知識も経験もない出資者が理解できない内容の投資はできないのです。

ここで素人投資家の強みが発揮されます。
私のような個人投資家は自分のお金を、自分で運用している訳ですから、自分自身だけ納得をしていれば問題はありません。

だから将来性はあるのに、今はまだ知名度も低くマイナーな企業の株を買うことも可能です。
プロには出来ないことが、素人だからこそ出来るのです。

 

さて今回の記事の内容は以上となりますが、いかがでしたでしょうか。
プロと呼ばれる人たちは、思っている以上に厳しい制限の中で戦っています。

個人的にはプロであることのメリットよりも、デメリット方が大きいとすら思っています。
素人の方がむしろ有利なのです。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-購入する株の見つけ方