自己紹介

サラリーマン時代

私自身の自己紹介として、私のサラリーマン時代についての話と、株や投資をはじめた理由を書いていきます。

まあ、たいして語るようなこともない、平凡な会社員だったんですけどね…

就職活動について

私が学校を卒業した年は、いわゆる就職氷河期と言われる時でした。
失われた世代とか言われる年代ですね。

就職活動の時にはエントリーシート(当時はまだ紙ベースでした)や、ハガキで100社近くに応募。

応募したうちの大半は書類選考で落ちてしまい、なんとか面接までたどり着けたのは数社でした。
ですが運よく数社のうちの1社に合格し、サラリーマン生活がスタートしたのです。

会社員時代

いざ会社員になってみると、就職活動で力尽きたのか…ヤル気がまったくありません。
典型的なダメリーマンでしたね。

それこそ毎日のように先輩たちから怒られて。
会社へ行くのがとても嫌だったのを覚えています。

日々ボロクソに言われていました。
でも事実だったし、言い返せるような立場でもありません。

残念ながら私は本当にダメ人間だったんです…

ですがある時、このままではいけないと考えました。
そう考えた理由は覚えていません。
たいした動機ではなかったんだと思います。

そこで思い切って転職をし、それをキッカケとして心を入れかえ、一生懸命にがんばって仕事をするようになります。

するとマジメに働いたのがよかったのか、しばらくすると管理職へと出世しました。
それからは管理職としての戦いの日々です。

ワガママばかりの得意先。
ムチャクチャなことを要求する会社や上司。
感情的な部下などに振り回されつつ。

それでも何とか乗りこえて、一時期はそれなりに評価もされていたと思います。
いわゆる出世コースらしき物を進んでいたかもしれません。

限界を感じてしまい投資の世界へ

そんな風に、サラリーマンとして少しずつ良い方向へ行きはじめた頃。
段々と現実が分かってきました。

いや、むしろ…気づいてしまったと言うべきでしょう。
先輩たちや上司、そして会社の役員たちの生活や実態を見てしまったことで。

「あれ??このまま頑張って出世しても…行きつく先って、たいした事がなくね???」と。

なまじ全力で働いてしまったせいで、現実という名の多くの物が見えてしまいました。

仕事のために、健康も、趣味の時間も、やりたい事や家族と過ごす時間も、他にもたくさんの物を犠牲にして
それで、こんなものなのかと!

先輩も上司も役員も、みんな思っていたより給料も生活もショボかったんです。

上の人たちは、仕事に人生をささげて、プライベートなんて無さそうだったのに。
あ、自分のいた会社は、出世するほど仕事にさく時間が増える職場だったので。

「なんなんだろうなー」と、悲しくなったのを覚えています。
そして、このままではいけないと、別の道を探しはじめました。

行き着いた先が、株であり、投資だったのです。

続きますので、下にリンクを貼っておきます。

投資家としての歩み

サラリーマン時代の自己紹介に続きまして、投資家としての歩みを書いていきたいと思います。 私のサラリーマン時代の話については、下の記事で書いてあります。 さて! それでは私がなぜ長期投資家になったのか。 ...

続きを見る

次は投資家としての軌跡です。

ブログ村に参加しています

  • この記事を書いた人

株サラ

株からの収入だけで生活が出来るようになり、人生が変わりました。 そんな投資に感謝すると共に、多くの人にこんな世界があることを知って欲しいと思って記事を書いています。

-自己紹介